明日を生きよう 未知の世界へ〈?  ↑の画像日替わりに挑戦中   犯人は俺ら


by haserori

ねーむい


起きたのは6時11分
ケータイに非通知からTELがあった
でようとした瞬間切られた
前も非通知からTELあった
なんでだろ

そんで午前はK様とギターいじってた
午後から部活

うん  ぼろぼろ
OBの先輩に「悪すぎ」言われました〈汗
まぁそんな感じだ

ってかてすとだよー
テスト週間は楽しいからいいけど
課題うっとおしいよー
誰がどんなけどんなふぅに勉強しようが
自由じゃんかよー
なんで課題とかやらせるんだよー


マジめんど
ってか週末課題学校にお留守番だし〈何




『キシリトール』
妊娠中から出産後にかけて、虫歯菌(ミュータンス菌)や歯垢(しこう)を減らす作用がある天然甘味料「キシリトール」を摂取すると、産まれてくる子どもの虫歯菌感染が抑えられることを、岡山大大学院の仲井雪絵助手(歯科医師)らが突き止めた。

 虫歯菌の感染が遅いほど、虫歯になりにくくなるとされており、母親の心がけが、子どもの虫歯予防につながることを実証した研究成果として注目される。

 虫歯は、虫歯菌が砂糖などを分解する際にできる酸が歯を溶かすために起こるが、キシリトールを摂取すると、酸が生成されないうえ、虫歯菌を、歯からはがれやすい善玉菌に置きかえる作用が確認されている。

 仲井助手らは、虫歯菌が多い妊婦84人を2群に分け、一方には、食後など1日4回以上キシリトール入りガムを5分間かんでもらった。もう一方は、キシリトールを全く摂取しなかった。これを妊娠6か月目から出産後9か月目にかけて続けたうえで、子どもが1歳半になるまで、3か月ごとに口腔(こうくう)内の虫歯菌の量を追跡した。

 その結果、母親がガムをかまなかった非摂取群では、子どもが1歳、1歳半の時に虫歯菌に感染した割合は76・9%、91・7%。これに対し、摂取群は、それぞれ15%、42・9%と感染率は半分以下に抑えられた。

 虫歯菌感染の原因の大半は、虫歯の親が食べ物をかんで子どもに与えたり、親子のはしやスプーンの共有だとされるだけに、仲井助手は「出産前後の母親の口腔状態を改善することが、子どもの虫歯を予防する一つの手段になる」と話している。



すげぇよひーくん
マジだったね
ってか母親の口腔内関係しても
父親は無関係なんですね
がんばれ母予備軍〈何

リンク追加ぁ
キモ カワ 双子姫
名前どこもかわいくない

ってか松○のブログのURLどこやったっけなぁー・・・
[PR]
by haserori | 2006-11-18 17:55 | 日記?